【2016/12/20】国務院が「十三次五年国家戦略性新興産業発展計画」を発表

情報源:北極星節能環境保護網

日時:2016年12月20日

記事ポイント:

国務院は、「十三次五年国家戦略性新興産業発展計画」を発表した。
「計画」の要求により、

先進環境保護産業の発展を加速させ、先進的なエコ産業を発展させ、強力的に水、大気、土壌汚染防止行動計画を推進させ、地域と流域汚染防止の全体連動を推進させ、主要汚染物質排出削減を促進させ、、環境保護産業設備の発展を推進させ、2020年までに先進環境保護産業の生産規模は2兆元を超えることを計画した。

記事内容:国務院が「十三次五年国家戦略性新興産業発展計画」を発表

【2016/12/19】煙霧に覆い尽された6省市、専門家が原因を解説

情報源:人民網

日時:2016年12月19日

記事ポイント:

北京、天津、河北、河南、山西、山東の6省・市が、深い「煙霧」に覆い尽された。23都市では最高レベルの赤色警報が発令され、ナンバープレート末尾の偶数・奇数による車両の交通規制が始まった。16日から21日にかけての5日間、面積150万平方キロメートルにおよぶ広大なエリアで、「あたり一面煙霧」状態が続く。専門家は、「気温が高く、寒気の活動が弱まり、汚染物質の排出が大幅に増加したことが、深刻な煙霧が発生した元凶だ」と説明している。人民日報海外版が報じた。

記事内容:煙霧に覆い尽された6省市、専門家が原因を解説

【2016/12/19】北京の大気汚染、最悪レベルの「赤色警報」発令でPM2.5を20%以上抑制へ

情報源:人民網

日時:2016年12月19日

記事ポイント:

北京ではここ数日、大気汚染が原因の煙霧に覆われている。煙霧との持久戦を前に、北京はすでに最も深刻なレベルの大気汚染赤色警報を発令している。北京市環境保護局によると、「赤色警報」を発動すると、北京現地の汚染物質の排出を約30%抑制でき、現地で発生する微小粒子状物質・PM2.5も20%以上抑制できるという。中国新聞網が報じた。

今回の煙霧の襲来に対応して、北京市が16日に大気汚染赤色警報を発令した。それに合わせて、複数の当局が汚染物質の排出を抑制する対策を講じ、合計約1200社の企業に対して生産の抑制・停止を命じた。また、工事現場や工業企業の汚染物質排出、自動車(原動機付き自転車を含む)などの検査を強化するほか、排ガス量の基準を満たしていない車両、野外での焼き肉、焼却などに対する取り締まりも強化している。

北京市環境保護局が18日に発表したデータによると、今回の赤色警報発令で、北京現地の汚染物質の排出を約30%抑制でき、現地で発生する微小粒子状物質・PM2.5も20%以上抑制できるという。

記事内容:北京の大気汚染、最悪レベルの「赤色警報」発令でPM2.5を20%以上抑制へ