【2017/1/9】上海市、16年のPM2.5平均濃度が20%低下

情報源:人民網

日時:2017年1月9日

記事ポイント:

上海市市環境保護局が3日に発表した2016年の大気の質の状況によると、微小粒子状物質「PM2.5」の年間平均濃度は1立方メートル当たり45マイクログラム (日本の基準値=日平均値1立方メートルあたり35マイクログラム以下)と、2013年比27.4%低下し、20%の三年間目標を達成した。

記事内容:上海市、16年のPM2.5平均濃度が20%低下

【2017/1/9】中国の太陽エネルギー分野に初の標準化団体が誕生

情報源:中国科技網

日時:2017年1月9日

記事ポイント:

中国の太陽エネルギー分野で初の標準化団体、「中国標準化協会太陽エネルギー応用分会」が、このほど北京で設立を宣言した。

太陽エネルギー業界の企業・事業単位、大学、科学研究院(研究所)、関連部門及び個人でつくる同団体は、主に太陽エネルギー応用標準化の学術理論の研究、学術交流、知識普及、政策の提案、人材育成、コンサルティングサービス、人材の権益保護などに取り組む。事務局は中広核太陽エネルギー開発有限公司に置かれる。情報によると、中国広核集団有限公司は標準化を、自主ブランド樹立の重要な中身とし、海外進出戦略を実現するための重要な支柱としている。同社は近年、原発、風力発電、太陽光発電を含む700以上の国家・業界標準の制定を担当・完了しており、標準化の豊富な経験を積んでいる。

記事内容:中国の太陽エネルギー分野に初の標準化団体が誕生