【2017/1/25】江蘇省が二つVOCs排出基準を発表した

情報源:江蘇省環境保護庁

日時:2017年1月25日

記事ポイント:

江蘇省環境保護庁は「化学工業揮発性有機物排出基準」および「表面塗装(家具製造業)揮発性有機物排出基準」を発表した。

発表されてきた地方基準の番号および正式名は以下の通りです。

DB32/3151-2016 化学工業揮発性有機物排出基準

DB32/3152-2016 表面塗装(家具製造業)揮発性有機物排出基準

記事内容:江蘇省が二つVOCs排出基準を発表した

【2017/1/22】中国の海洋再生可能エネルギー設備、2020年に安定発電を実現へ

情報源:人民網

日時:2017/1/22

記事ポイント:

国家海洋局はこのほど「海洋再生可能エネルギー発展の第13次五カ年計画」を発表した。同計画によると、第13次五カ年計画期間中(2016−20年)、海洋再生可能エネルギー設備技術の成熟度の大幅な向上を主軸とし、海洋再生可能エネルギーのプロジェクト応用の推進に力を入れ、海洋再生可能エネルギー設備の「発電可能」から「安定した発電」への変化実現を目指している。光明日報が伝えた。

同計画の海洋再生可能エネルギーとは、潮汐、潮流、波、温度差、塩分濃度差が生むエネルギー、バイオマスエネルギー、島の再生可能エネルギーなどを指す。同計画によると、中国の海洋再生可能エネルギー重要技術設備は、2020年に安定発電を実現し、産業チェーンをほぼ形成する。海洋エネルギーの開発・利用水準が世界トップクラスに達する。

記事内容:中国の海洋再生可能エネルギー設備、2020年に安定発電を実現へ

 

【2017/1/23】環境局局長、なんと鋼鉄工場の処理水を一気飲み

情報源:人民網

日時:2017年1月23日

記事ポイント:

「煙霧対策・京津冀の取組み」のイベントに参加した数十人の記者が22日、河北省邢台市徳竜鋼鉄有限公司の汚染浄化プロセスを見学した。

同公司は同省の重点冶金企業だ。2014年に2.1億元(約35億円)を投じて、環境保護改善を実施した。現在まで、数々の環境保護整備プロジェクトを実施してきた。

記事ポイント:環境局局長、なんと鋼鉄工場の処理水を一気飲み