【3017/03/10】張家口、再生可能なエネルギーの発展を全力推進

情報源:人民網

日時:2017年3月10日

記事ポイント:

国家の再生可能なエネルギーモデルエリアとなっている河北省張家口市は近年、北京・天津・河北協同発展の政策と2022年に北京と共同開催する冬季五輪を契機とし、風力・太陽光・熱光起・バイオマス発電所の建設を加速させている。国家電網張家口給電公司が発表した情報によると、同地区の風力・太陽光・熱光起・バイオマスなどの新エネ設備容量は現在1058万5000kWに、送電量は908万5000kWに達している。

記事内容:張家口、再生可能なエネルギーの発展を全力推進