【2017/04/10】浙江省、屋上太陽光発電で低炭素都市を目指す

情報源:人民網

日時:2017年4月10日

記事ポイント:

浙江省東陽市横店東磁屋上太陽光発電所は2013年4月上旬に本格的な発電と送電を開始してから4年間にわたって、現地の電力網に7500kWhのクリーンエネルギーを供給している。

同発電所には太陽電池モジュールが9万2000枚以上あり、面積は21万6000平方メートルにのぼる。設備容量は20.7MW、投資総額は2億元(約32億円)以上。3月末時点で東陽市の太陽光発電利用者は2209世帯に達しており、うち家庭ユーザーが2195世帯でその主力となっている。

記事内容:浙江省、屋上太陽光発電で低炭素都市を目指す

【2017/03/31】上海市第三方環境治理産業連盟設立

2017年3月31日、全国に先駆け、上海市では第三方環境汚染治理企業の連盟を立ち上げました。13次5カ年計画でも環境・省エネサービス産業の拡大を明確に政府は示しており、上海市は市政府管理の下で健全な産業育成を目的として今回の連盟設立に至っています。

連盟会員企業リスト