【2017/08/16】水俣条約が発効=国際的に水銀規制

情報源:YAHOO・JIJI.COM

日時:2017年8月16日

記事ポイント:

水俣病の原因となった水銀の使用や輸出入を国際的に規制する「水俣条約」が16日、発効した。条約は2013年に約140カ国・地域が参加し、熊本市で開かれた国連の会議で全会一致で採択された。環境省によると、14日までに世界最大の排出国の中国など74カ国・地域が条約を締結している。

条約は、一定量以上の水銀を含む蛍光灯や体温計などの製造や輸出入を20年までに原則的に禁止。輸出入できる水銀の用途を研究目的などに限定し、人為的な排出を削減する。条約発効後は新たな水銀鉱山の開発を禁じ、15年後には既存の鉱山でも採掘できなくする。
「水俣条約」の発効に合わせ、政府は水銀の排出削減に向けた途上国支援に力を入れる。多くの被害者を出した水俣病をきっかけに、国内では使用削減の動きが進んだが、途上国では排出が増え続けている。汚染拡大を防ぐ対策が急務となっている。

記事内容:水俣条約が発効=国際的に水銀規制