【2017/08/29】CO2を蟻酸とエチルアルコールに転換

情報源:人民網

日時:2017年8月29日

記事ポイント:

回収したCO2を有機燃料に転換させる方法は、科学者が模索を続けている世界レベルでの難題。中国科学院上海高等研究院・上海科技大学低炭素エネルギー共同実験室は、CO2の触媒による電気転換の研究で重要な進展を実現した。クリーンな再生可能電気エネルギーを使い、温和な反応条件のもとCO2を蟻酸とエチルアルコールに転換させ、その電流効率はそれぞれ、99%と77%に達した。関連成果は世界的に有名な学術誌「Angewandte Chemie International Edition」に掲載された。

記事内容:http://j.people.com.cn/n3/2017/0829/c95952-9261730.html

 

【2017/08/23】韓中日環境相会合=PM2.5対策など議論

情報源:聨合ニュース

日時:2017年8月23日

記事ポイント:

韓国環境部は23日、韓中日3カ国の環境に関する懸案と今後の協力策を議論する第19回韓中日環境相会合(TEMM19)を24、25の両日にソウル近郊の京畿道・水原で開催すると発表した。

TEMMは北東アジア地域の環境問題を議論する協力体で、1999年に韓国の提案で始まってから毎年3カ国が持ち回りで開催している。

今回の会議には金恩京(キム・ウンギョン)環境部長官、李幹傑・中国環境保護相、中川雅治環境相が出席する。

3カ国の環境相は初日の24日にそれぞれ2国間会談を行い、25日に本会議を行う。25日には、粒子状物質(PM)と気候変動、生物多様性など、環境全般にわたる3カ国の協力計画をまとめた共同コミュニケを採択し、発表する。

記事内容:韓中日環境相会合=PM2.5対策など議論