【2018/04/19】中国が将来的に世界最大のクリーン大気技術市場に

情報源:人民網

日時:2018年4月19日

記事ポイント:

中国の大気汚染改善が進むにつれ、クリーン大気技術市場が急成長している。中関村創藍清潔大気産業連盟の解洪興主任は18日、独占インタビューに応じた際に、「2030年に全国のすべての都市が大気品質目標を達成すれば、20兆元以上の需要市場が生み出される。中国は世界最大のクリーン大気技術需要市場になる」と予想した。科技日報が伝えた。

2013年に「大気十条」が発表されてから、中国の一部都市のPM2.5の濃度の下げ幅は30%以上に達している。同報告書は大気品質改善目標を条件とする経済発展モデルを構築した。2030年までに第三次産業の割合が6割以上に達し、石炭がエネルギー消費量に占める割合は42%を下回り、クリーンエネルギーが占める割合は22%に達する。新エネ車の年間販売台数は1500万台を上回る見通しだ。これらの変化は温室効果ガス削減の大きな効果をもたらすとみられている。

記事内容:【日本語ニュース】中国が将来的に世界最大のクリーン大気技術市場に