【2018/05/22】習近平総書記「生態環境の振興は文明の振興につながる」

情報源:人民網

日時:2018年5月21日

記事ポイント:

全国生態環境保護大会が18、19両日に北京で開かれ、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)が大会で重要談話を発表した。
習総書記は「エコ文明建設は中華民族の永続的発展に関わる根本的大計だ。中華民族はかねてより自然を尊重し、自然を愛しており、5000年余りの中華文明は豊かなエコ文化をはらんできた。生態環境の振興は文明の振興につながり、生態環境の衰退は文明の衰退になる。エコ文明システムの構築を加速し、2035年までに生態環境の質の根本的好転、美しい中国の目標の基本的実現を確保する必要がある。今世紀半ばまでに、物質文明、政治文明、精神文明、社会文明、エコ文明を全面的に高め、グリーン発展方式を全面的に形成し、人と自然の調和ある共生を実現し、生態環境分野の国家ガバナンスのシステムと能力の現代化を全面的に実現し、美しい中国を完成する必要がある」と指摘。
また、「経済・社会発展とエコ文明の建設を自覚的に統合的に計画し、力を集中して大事業を行う党の指導と中国の社会主義制度の政治的優位性を十分に発揮し、改革開放40年来蓄積した堅実な物質的基礎を十分に利用し、エコ文明建設推進、環境問題の解決を強化し、汚染対策の難関攻略を断固としてしっかりと行い、中国のエコ文明建設を新たな段階へと押し上げる必要がある」と強調した。

記事内容:習近平総書記「生態環境の振興は文明の振興につながる」

【2018/05/15】日本の新エネルギー計画、再生可能エネを「主力電源」に

情報源:人民網

日時:2018年5月15日

記事ポイント:

日本の経済産業省はこのほど、今年夏に閣議決定される見込みの「第5次エネルギー基本計画」の草案を発表した。

草案には、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「主力電源」と位置づけることが初めて明確に記された。統計によれば、2016年に日本の再生可能エネルギー発電による発電量は15.3%に過ぎない。日本が15年に制定した目標では、30年に再生可能エネの占める割合を22~24%、原子力エネルギーの割合を20~22%とし、化石燃料の割合を56%に引き下げるとされていた。このたびの草案はこれまでの方針を踏襲しており、新たな数値目標は掲げていない。

記事内容:日本の新エネルギー計画、再生可能エネを「主力電源」に

【2018/05/15】北京の大気汚染源は主にディーゼル車などの移動発生源

情報源:人民網

日時:2018年5月15日

記事ポイント:
北京市は14日、微小粒子状物質(PM2.5)発生源解析に関する最新版の研究成果報告を発表した。これによると、北京市における通年のPM2.5 主要発生源は、市内で排出される汚染物質が3分の2、地域を通る汚染物質が3分の1をそれぞれ占めている。市内で排出される汚染物質の内訳と割合を見ると、移動発生源が45%、塵・埃が16%、工業と生活に由来する発生源が共に12%、石炭が3%、農業と自然に由来した発生源などその他が12%だった。これらのデータから、石炭発生源が占める割合は、前回の22%から3%に低下し、主要な汚染源リストからほぼ外れたことが読み取れ、北京のクリーンエネルギー化戦略において目に見えた効果が得られたことがわかる。一方、北京の汚染物質に占める移動発生源の割合は急上昇しており、前回の解析結果(31.1%)の1.4倍に相当する45%に達した。人民日報が伝えた。

記事内容:北京の大気汚染源は主にディーゼル車などの移動発生源

【2018/05/04】PM2.5濃度の下降幅において北京が28都市中トップに

情報源:人民網

日時:2018年5月8日

記事内容:

生態環境部は3日、「北京・天津・河北および周辺地域2017―2018年秋冬季大気汚染総合対策難関攻略行動計画」および大気汚染改善目標達成状況を発表し、北京・廊坊・保定など11都市の審査結果が優秀に達したと認められた。難関攻略行動の実施期間中、北京のPM2.5平均濃度は最も低く、その下降幅は、北京・天津・河北および周辺地域の大気汚染伝播ルート都市(「2+26」都市)のトップに立った。

記事名容:PM2.5濃度の下降幅において北京が28都市中トップに