【2018/08/07】長江経済ベルトを環境保全の主要地域に指定

情報源:新華網

日時:2018年8月13日

記事ポイント:

青空防衛戦3カ年計画が重要時期に入ったことにともない、環境保全の主要地域に、これまでの京津冀(北京・天津・河北)および周辺地域に加え、長江経済ベルトも同計画に組み入れられた。経済参考報が伝えた。注目すべきは、これまでに主要制限地域ではなかった関中地域にも初めて、石油化工、石炭化工、包装印刷などの産業に対して、夏季の電力使用ピークを避けて生産するよう求めた。

日常的な生産制限の他に、主要地域の産業構造調整も深まっている。このほど配布された「工業と通信業の汚染予防の堅塁攻略戦に勝利する3年行動計画」では、

▽長江経済ベルトの産業発展の市場参入ネガティブリスト制度を実施し、禁止類と制限類の産業、生産プロセス、製品のリストを明文化する。

▽都市部人口密集地域の安全と衛生防護距離規定に合わない危険化学品生産企業の移転改造を速め、2020年までに中小企業と大きなリスクのある大手企業の移転改造を基本的に終了し、主要地域と長江経済ベルトの上海市、江蘇省、浙江省、安徽省、江西省、湖北省、湖南省、重慶市、四川省、雲南省、貴州省を含む主要流域の移転改造を優先的に実施する、としている。

記事内容:長江経済ベルトを環境保全の主要地域に指定