【2018/10/15】北京の1-9月PM2.5平均濃度が前年同期比16.7%低下

情報源:人民網

日時:2018年10月15日

記事ポイント:

北京市環境保護局が11日に発表した通達によると、今年1月から9月までの北京における微小粒子状物質(PM2.5)平均濃度は1立方あたり50マイクログラム、前年同期比16.7%低下した。また、同時期の優良天気日数は、同9日増の160日間。重汚染天気日数は、同10日減の8日間(オゾンによる重汚染天気日数1日間を含む)だった。

記事内容:北京の1-9月PM2.5平均濃度が前年同期比16.7%低下