【2019/01/23】重度の大気汚染、予報の的中率がほぼ100%に

情報源:人民網

日時:2019年1月23日

記事ポイント:

中国生態環境部(省)が21日に開いた記者発表会において、国家大気汚染防止難関攻略連合センター副センター長、中国工程院院士の賀克斌氏は、「中国の重度汚染の予報は現在、3日前から3-5日前に延長されている。汚染傾向の予報は7日前から7-10日前に延長されており、的中率は100%に近い。これは、正確で科学的な煙霧対策の基礎を築いている」と述べた。科技日報が伝えた。

統計データによると、中国で現在まで建設されている区・県大気質観測地点は3500カ所以上で、中東部各省の各区・県をほぼ網羅しており、国・地域・省級・都市という4級の大気質予報体制を大まかに構築している。汚染物質排出重点企業8188社が汚染源自動モニタリング施設を設置しており、生態環境機関と連結している。全国の自動車排気ガス検査機関6133社が、国家・省級・都市の3級と連結しモニタリングを行っている。各地の自動車に設置されているリモートセンシング検査・測定設備は639台(セット)にのぼる。

記事内容:重度の大気汚染、予報の的中率がほぼ100%に