【2019/06/18】中国初の「スーパーミラー発電所」、フル稼働発電を実現

情報源:人民網

日時:2019年6月18日

記事ポイント:

山地資源が豊富で、日照資源に恵まれた河南省禹州市は、太陽光発電に理想的な場所だ。河南森源集団による1000MW太陽光発電所は2015年12月10日着工で、投資総額は100億元(1元は約15.6円)、敷地面積は約2066.7ヘクタール。竣工後の年間発電量は13億kWhで、標準石炭を毎年52万トン節約し、CO2排出量を120万トン削減することができる。

記事内容:中国初の「スーパーミラー発電所」、フル稼働発電を実現