【2019/09/17】新疆で太陽に最も近い県、「光」で貧困脱却

情報源:2019年9月17日

日時:人民網

記事ポイント:
パミール高原にある塔什庫爾干塔吉克(タシュクルガンタジク)自治県は、新疆で太陽に最も近い県と呼ばれている。過酷な自然条件のため、新疆の貧困脱却が特に難しい地域でもある。昨年より高標高地域の豊富な日照資源を活用し、現地の高原岩石砂漠に太陽光発電所を建設している。今や太陽光により貧困から脱却し、豊かになり始めている。新華網が伝えた。

記事内容:新疆で太陽に最も近い県、「光」で貧困脱却