【2019/09/20】北京の空は「APECブルー」から「常態ブルー」へ、大気の質が引き続き改善

情報源:人民網

日時:2019年9月20日

記事ポイント:
北京市人民政府の陳吉寧市長(北京市委員会副書記)は19日、北京の居住環境が安定して改善され、特に大気の質が引き続き良くなっており、過去の「APECブルー」から「閲兵ブルー」へ、そして今年は「常態 ブルー」となり、2018年の微小粒子状物質(PM2.5)の年平均濃度は2013年より累計で43%下がったと紹介した。中国新聞網が伝えた。

記事内容:http://j.people.com.cn/n3/2019/0920/c94475-9616327.html