【20200602】「2019中国生態環境状况公報」

情報源:生態環境部

日時:2020年6月2日

記事ポイント:

生態環境部が6月2日に「2019中国生態環境状況公報」を発表した。公報によると、2019年全国の生態環境の質は全体的に改善されたといえる。2019年は新中国成立70周年であり、汚染防止と堅塁攻略戦を行い、小康社会を全面的に建設するための重要な年でもあるので、各地区・各部門は生態環境の質の改善を核心として、汚染防止と堅塁攻略戦を推進して重要な進展を得て、6月5日に環境公報を発表した。
各省・直轄市・自治区もそれぞれ地域の年間環境公報を公開した。

一.2019年全国生態環境改善効果
①環境大気質量の改善成果がより一層堅固である
②水環境質量の改善が続く
③海洋環境状況は穏やかに改善している
④土壌環境リスクを基本的にコントロールできる
⑤生態システムが全体的に安定である
⑥環境リスク管理が安定
⑦原子力及び輻射安全が友好的に制御される

二.2019年生態環境保護工作まとめ
①断固として青空防衛戦を勝ち取った    ②碧水防衛戦を続けた
③綺麗な土壌防衛戦を着実に推進した    ④積極的にサービス「六安定」を提供した
⑤自然生態保護、修復、監督管理に力を入れた    ⑥生態環境保護監督を深く推進した
⑦厳格に法に基づき監督管理を実施した    ⑧生態環境分野の改革措置の実施を推進した
⑨生態環境リスクの防止・問題解決を推し進めた    ⑩生態環境保護の強化支援策を普及した

記事内容:「2019中国生態環境状况公報」