【2020/11/02】「6つの新」が第14次五カ年計画期間の経済・社会発展目標を明確に

情報源:人民網

日時:2020年11月02日

記事ポイント:

先日閉幕した中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議(五中全会)は「国民経済・社会発展第14次五カ年計画と2035年までの長期目標の策定に関する中共中央の提議」を審議・採択し、今後5年間さらには15年間の中国の発展の雄大な青写真を描き、社会主義現代化国家の全面的建設における新たな勝利を全力で勝ち取る全党・全国人民の意志と力を凝集した。(文:華寧。人民網掲載)

奮闘目標「2つの百年」が交わる歴史的地点において、中国がどのような新たな発展を追求し、どのように新たな発展を実現するかは、中国人がことのほか注目しているだけでなく、世界の視線も集めている。第19期五中全会コミュニケは、第14次五カ年計画期間の経済・社会発展の主要目標を示した。
▽経済発展で新たな成果を得る
▽改革開放において新たな一歩を踏み出す▽社会の文明水準を新たな高みへ
▽エコ文明建設において新たな進歩を実現
▽民生・福祉を新たな水準へ
▽国家ガバナンスの効力の新たな向上。

全体を見ると、「6つの新」発展目標は、今後一定期間における中国の発展の目標と課題、戦略的布陣を明示し、改革の全面的深化と開放の全面的拡大という中国共産党の断固たる決意を示し、人民中心の発展思想という価値観をはっきりと示すものだ。目標が方向性であり、理念が指針だ。「6つの新」発展目標は、社会主義現代化国家の全面的建設の推進においてよいスタートを切るうえで、重大かつ深い意義を持つ。

記事内容:「6つの新」が第14次五カ年計画期間の経済・社会発展目標を明確に