【2020/09/25】2020湖南国際グリーン発展博覧会が長沙で開幕

情報源:人民網
日時:2020年09月25日
記事ポイント:
2020湖南国際グリーン発展博覧会(以下「博覧会」)が24日、湖南省長沙市で開幕した。今回の博覧会は24日から26日にかけて湖南国際会展センターで開催される。テーマは「グリーン・リサイクル・発展」。グリーン責任精神、節約・リサイクル意識、持続可能な発展理念、グリーンなライフスタイルをさらに人々の生活に浸透させ、グローバル化されたグリーン発展の交流・展示・協力の場を築いていく。
記事内容:2020湖南国際グリーン発展博覧会が長沙で開幕

【2020/09/11】江蘇省大気汚染物総合排出基準(パブコメ版)

情報源:江蘇省生態環境局

日時:2020年9月11日

記事ポイント:

「中華人民共和国環境保護法」、「中華人民共和国大気汚染防止法」、「江蘇省大気汚染防止条例」を貫徹し、江蘇省における大気汚染物質の排出規制を強化し、環境大気質を改善し、人々の健康を保障し、固定発生源の生産工程・技術及び汚染防止水準の向上を促進するために、「江蘇省大気汚染物総合排出基準(パブコメ版)が作成・配布され、現在意見募集している。

記事内容:江蘇省大気汚染物総合排出基準(パブコメ版)

【2020/08/25】『生態環境部事情聴取弁法』公布

情報源:生態環境部

日時:2020年08月25日

記事ポイント:

生態環境部の事情聴取工作を規範化し、目立つ生態環境問題の解決を推進し、生態環境の保護責任を突き固めるため、生態環境部が25日に公布の『生態環境部事情聴取弁法』を正式発表した。

記事内容:『生態環境部事情聴取弁法』公布

【2020/08/28】「5G」を活用した超高圧変電所

情報源:人民網

日時:2020年08月28日

記事ポイント:

青海―河南±800kV超高圧直流プロジェクト豫南変電所内で、5Gネットワークに基づく「慧眼」がエリア内を全面的にモニタリングしている。超高圧変電所が規模が大きく、設備の種類が多いという特徴に対し、同変電所は今年5月に5Gネットワークのエリア内フルカバーを実現した。5Gネットワークに適した巡回点検ロボット、ドローン、高画質監視カメラを設置し、設備の巡回点検・監視設備の感知能力を高め、超高圧プロジェクトの安全で安定した運営を保証した。新華社が伝えた。

記事内容:「5G」を活用した超高圧変電所

【20200829】嘉興経済技術開発区投資環境説明会及びBCP経験セミナー

~新型コロナの教訓を踏まえ自社のリスクマネジメントを再考する~

《事業継続計画(BCP)再構築》と《環境対策》セミナー

新型コロナウィルスの猛威は、各企業においてリスクマネジメントの重要性を改めて認識させるものとなりました。この度、嘉兴経済開発区は、益々関心の高まる「事業継続計画(BCP)再構築」および「環境対策」ついてのセミナーを実施した。同済国際緑色産業創新センター・副センター長の清水泰雅が「環境政策の分析とその対応と課題」をテーマとして講演した。

日 時: 2020年8月28日(金) 13:00~19:00

場 所:【セミナー会場】嘉興市智創园12号楼三楼路演中心(天盛南路)

主催:嘉興経済開発区

後 援:三井住友海上火災保険(中国)有限公司

嘉兴日商クラブ、瑛得管理咨諮(上海)有限公司

上海清環環保科技有限公司

中国人民財産保険会社 嘉興支社

<記念写真>

<講演中>

【2020/07/31】上海市建設プロジェクト環境三同時・自主検収事業に対する監督・検査を行う

情報源:上海環境

日時:2020年07月31日

記事ポイント:

「中華人民共和国環境影響評価法」、「建設プロジェクト環境保護管理条例」等法律・法規を貫徹・実施し、建設プロジェクトに対する環境保護の事中、事後監督管理を更に強化するために、「生態環境総合行政法執行事項に関する国務院弁公庁の通知」、「建設プロジェクト環境三同時・自主検収事業に対する監督・検査を行う生態環境部の通知」及び「上海市建設プロジェクト環境保護事中、事後監督管理弁法(試行)」の関連規定に則り、上海市の建設プロジェクト環境三同時・自主検収事業に対する監督・検査を確実に行わなければならない。

記事内容:上海市建設プロジェクト環境三同時・自主検収事業に対する監督・検査を行う通知

【2020/07/30】世界最大出力の電気機関車、湖南省でラインオフ

情報源:人民網
日時:2020年07月30日
記事ポイント:
世界最大出力の「神24電気機関車」が29日夜、湖南省株洲市にある中車株洲電力機車有限公司でラインオフした。同電気機関車の出力は2万8800kW、けん引力は2280kNで、鉄道交通設備の世界記録(出力は1万4400kW、けん引力は1140kNで、いずれも同社の記録)を更新した。中国新聞網が伝えた。
記事内容:世界最大出力の電気機関車、湖南省でラインオフ

【2020/08/05】第3回輸入博がバージョンアップ,7つの「さらに」に注目

情報源:人民網

日時:2020年08月05日

記事ポイント:

今年11月5日から10日にかけて、第3回中国国際輸入博覧会が上海市で開催される。輸入博は今や中国と世界と2つの流れが循環する重要な窓口となり、出展企業から輸入企業までカバーし、展示品が商品に変わり、波及効果が拡大を続けている。

今年の輸入博には7つの「さらに」がある
展示規模がさらに拡大。第3回輸入博の出展企業の展示面積は36万平方メートルに達し、前回より6万平方メートル拡大し、拡大率は20%。面積が拡大するとともに、企業の情熱も高まった。これまでに出展契約をした企業の出展契約済み展示面積はすでに計画目標を達成し、消費財、医療、サービス貿易の3エリアはすでに計画面積を超え、自動車エリアはもうすぐ計画面積に達する。

展示の設置がさらに向上。今年は企業展に6つのエリアが設置され、それぞれ食品・農産品、自動車、技術装備、消費財、医療機器・医薬保健、サービス貿易となっている。また世界の注目点と業界の発展トレンドを踏まえて、新たに公衆衛生・感染対策、省エネ・環境保護、スマート移動・交通、スポーツ用品・競技の4つの専門エリアも設置される。このうち公衆衛生・感染対策エリアには世界トップ500社や業界のリーディングカンパニーが40社近く出展し、業界の新製品、最先端の製品を披露する。

記事内容:第3回輸入博がバージョンアップ 7つの「さらに」に注目

【2020/07/03】浙江省各都市のクリーンエネルギー公共バスが占める割合は70%に

情報源:人民網

日時:2020年07月03日

記事ポイント:

浙江省2020年度「全国低炭素デー」テーマイベントが2日、浙江省湖州市で行われた。同省の生態環境庁が発表した「2019年度浙江省低炭素発展報告」(以下、「報告」)によると、2019年末までに、同省はクリーンエネルギー都市バス約2万9000台を有し、都市バス総数の70%を占めているという。中国新聞網が伝えた。

記事内容:浙江省各都市のクリーンエネルギー公共バスが占める割合は70%に

【2020/07/08】長江の船舶から出る汚染物、オンライン管理が実現

情報源:人民網
日時:2020年07月08日
記事ポイント:
交通運輸部(省)長江航務管理局によると、「長江本流船舶水質汚染物質共同監督管理・サービス情報システム」がこのほど全面的にリリース・試験運営された。これは長江本流船舶水質汚染ガバナンスが、デジタル化監督管理、オンラインサービス、複数の機関による共同建設・共同ガバナンス・共有の新たな構造を形成することを意味する。人民日報が伝えた。
記事内容:長江の船舶から出る汚染物、オンライン管理が実現