【2019/01/23】重度の大気汚染、予報の的中率がほぼ100%に

情報源:人民網

日時:2019年1月23日

記事ポイント:

中国生態環境部(省)が21日に開いた記者発表会において、国家大気汚染防止難関攻略連合センター副センター長、中国工程院院士の賀克斌氏は、「中国の重度汚染の予報は現在、3日前から3-5日前に延長されている。汚染傾向の予報は7日前から7-10日前に延長されており、的中率は100%に近い。これは、正確で科学的な煙霧対策の基礎を築いている」と述べた。科技日報が伝えた。

統計データによると、中国で現在まで建設されている区・県大気質観測地点は3500カ所以上で、中東部各省の各区・県をほぼ網羅しており、国・地域・省級・都市という4級の大気質予報体制を大まかに構築している。汚染物質排出重点企業8188社が汚染源自動モニタリング施設を設置しており、生態環境機関と連結している。全国の自動車排気ガス検査機関6133社が、国家・省級・都市の3級と連結しモニタリングを行っている。各地の自動車に設置されているリモートセンシング検査・測定設備は639台(セット)にのぼる。

記事内容:重度の大気汚染、予報の的中率がほぼ100%に

【2019/01/29】世界の気候変動対策には力を合わせた行動が必要

情報源:人民網

日時:2019年1月29日

記事ポイント:

1月に入り、気候変動問題に国際社会の注目が高まっている。世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で最も注目された話題の1つは気候変動だった。国連安保理は25日、気候災害が世界の平和と安全保障に与える影響を話し合う公開会合を開き、気候変動を緩和するために積極的な行動を取るよう呼びかけた。北欧のフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アイスランドは先日、力を合わせて気候変動対策を強化し、「カーボンニュートラル」目標の速やかな実現を目指す旨の気候変動対策共同声明を発表した。

記事内容:世界の気候変動対策には力を合わせた行動が必要

【2019/01/09】中国の地表水の質、18年はやや好転

情報源:人民網

日時:2019年01月08日

記事ポイント:

中国生態環境部(省)は8日、18年12月及び18年1−12月の全国地表水の質状況を発表した。1−12月の国家地表水評価・審査断面のうち、水の質が優良、すなわちⅠ−Ⅲ類水断面の比率は前年同期比3.1ポイント増の71%となった。劣Ⅴ類断面の比率は同1.6ポイント減の6.7%。一方、12月の前者は74.2%、後者は7.1%だった。

記事内容:中国の地表水の質、18年はやや好転

 

「2019/01/05」北京の2018年「青空成績表」 クリアした日は6割以上

情報源:人民網

日時:2019年1月8日

1月4日、北京市生態環境局は2018年の青空を守る戦いの「成績表」を発表した。PM2.5(微小粒子状物質)の平均濃度は1立方メートルあたり51マイクログラムとなって、前年比12.1%低下し、目標をクリアした日は227日で一年の62.2%を占め、13年に比べて51日増加した。

 

記事内容:北京の2018年「青空成績表」 クリアした日は6割以上

【2018/11/28】ソウルと北京、大気汚染対策を共同研究

情報源:人民網

日時:2018年11月28日

記事ポイント:

韓国ソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長が26日に北京市で、ソウルと北京が共催する「ソウル―北京気候環境協力フォーラム」に出席し、ソウル―北京「排出削減及び煙霧抑制共同研究チーム」の設立を宣言した。科技日報が伝えた。

北京とソウルは大気品質分野の協力を続けており、そして電気自動車、使い捨てプラスチック、太陽エネルギーなどの気候環境関連分野の交流を掘り下げている。ソウル市保健環境研究院と北京市環境保護科学研究院が共同設立した同チームは、第1陣の共同研究のテーマを「ソウルと北京の大気品質及び煙霧の詳細な分析、大気品質悪化の原因究明」「揮発性有機化合物の形成原因の評価及び排出削減対策の研究」とした。共同研究は来年より始動し、同年下半期に研究結果を発表する予定だ。

記事内容:ソウルと北京、大気汚染対策を共同研究

【2018/11/19】中国のCO2排出量、増加率が徐々に低下

情報源:人民網

日時:2018年11月19日

記事ポイント:

中国科学技術部(省)がこのほど公表した「世界生態環境リモートセンシングモニタリング2018年度報告書」によると、中国の昨年の単位GDPあたりCO2排出強度が2005年より46%減少した。中国のCO2排出削減効果は顕著であり、増加率が年々低下し、2013年より伸び率がほぼゼロとなっている。

記事内容:中国のCO2排出量、増加率が徐々に低下

【2018/11/16】大気汚染の拡散条件、昨年より希薄に

情報源:人民網

日時:2018年11月16日

記事ポイント:

中国気象局国家気候センターと生態環境部中国環境モニタリング総ステーションはこのほど、2018年11月後半から2019年2月にかけての気候傾向と大気汚染拡散気象条件をめぐる協議の場を設けた。協議の結果、北京・天津・河北エリアの大気汚染拡散条件は、過去十年間の平均値に近づき、昨年より希薄となる見込みであることが判明した。

記事内容:大気汚染の拡散条件、昨年より希薄に

【2018/10/15】北京の1-9月PM2.5平均濃度が前年同期比16.7%低下

情報源:人民網

日時:2018年10月15日

記事ポイント:

北京市環境保護局が11日に発表した通達によると、今年1月から9月までの北京における微小粒子状物質(PM2.5)平均濃度は1立方あたり50マイクログラム、前年同期比16.7%低下した。また、同時期の優良天気日数は、同9日増の160日間。重汚染天気日数は、同10日減の8日間(オゾンによる重汚染天気日数1日間を含む)だった。

記事内容:北京の1-9月PM2.5平均濃度が前年同期比16.7%低下

【2018/10/30】オゾン層破壊物質、冷蔵庫などの生産で使用禁止に,中国

情報源:人民網

日時:2018年10月30日

記事ポイント:

オゾン層を保護し、オゾン層破壊物質の排出を削減するため、中国生態環境部(省)は24日に「ハイドロクロロフルオロカーボン-141b(HCFC-141b)を発泡剤とする冷蔵庫・冷凍庫製品、冷蔵コンテナ製品、電気温水器製品の生産禁止に関する公告」(以下「公告」)を正式発表した。2019年1月1日より、HCFC-141bを発泡剤とする冷蔵庫・冷凍庫製品、冷蔵コンテナ製品、電気温水器製品の生産が全面的に禁止される。

記事内容:オゾン層破壊物質、冷蔵庫などの生産で使用禁止に 中国

【2018/10/29】オゾン層破壊物質、冷蔵庫などの生産で使用禁止に 中国

情報源:人民網

日時:2018年10月29日

記事ポイント:

オゾン層を保護し、オゾン層破壊物質の排出を削減するため、中国生態環境部(省)は24日に「ハイドロクロロフルオロカーボン-141b(HCFC-141b)を発泡剤とする冷蔵庫・冷凍庫製品、冷蔵コンテナ製品、電気温水器製品の生産禁止に関する公告」(以下「公告」)を正式発表した。2019年1月1日より、HCFC-141bを発泡剤とする冷蔵庫・冷凍庫製品、冷蔵コンテナ製品、電気温水器製品の生産が全面的に禁止される。

記事内容:オゾン層破壊物質、冷蔵庫などの生産で使用禁止に 中国