【2016/05/05】上海市、『工業VOCs治理及び排出削減方案』を公開

情報源:上海環境熱線

日時:2016年5月5日

記事ポイント:

○上海市に、『工業VOCs治理及び排出削減方案』が公開された。

○実施の目標:2016年末まで、現時点の工業VOCs排出源の治理は基本的に完成される。毎年VOCsの排出量は8トンを削減し、PM2.5の平均濃度は2%ぐらいを削減する。

○重点企業をはじめとする全市のVOCs排出源の排出量を削減するつもりである。

記事内容:上海市、『工業VOCs治理及び排出削減方案』を公開

【2016/5/4】国家能源局、“十三五”計画意見募集会を主催

情報元:中国節能サービス網 EMCA

日時:2016年05月04日

記事ポイント:

○4月22日和28日、国家能源局、“十三五”計画意見募集会を主催しました。“十三五”能源計画をめぐって、国家部委、地方能源管理部門、中央能源企業及び業界協会のご意見を求めていた。

○“十三五”期間に、エネルギー利用についての目標及び問題点を分析し、対策を検討しました。

記事内容:国家能源局、“十三五”計画意見募集会を主催

【トーエネック】エアーマイスター&みえるキャスト

TOENEC

統一能科建築安装(上海)有限公司の親会社である株式会社トーエネック開発による環境・省エネシステム関連の技術をご紹介させていただきます。

air6【エアーマイスター】

コンプレッサー台数制御システムで、特に大型需要家には有効です。

コンプレッサーが分散設置されている場合や、複数メーカーのコンプレッサーが設置されている場合に力を発揮します。

airmaster

aie1【みえるキャスト】

鋳造工場の生産工程の無駄をなくし、操業状況をリアルタイムに把握。

kyasut

詳細な情報⇒トーエネック

【2016/04/27】大気汚染、災害廃棄物対策で協力合意 日中韓環境相会合

情報源:SPCデイリーチャイナ

日時:2016年4月27日

記事ポイント

○4月26、27の両日、静岡市で開かれた日中韓3カ国の環境相会合で、大気汚染と災害廃棄物対策などで協力することが合意された。

○「日本と韓国の環境技術に関するデータベースの構築」、「災害廃棄物対策」、「PM2・5による大気汚染対策などに活用」など様々な課題をめぐって会談が行われた。

○日中韓3カ国の環境相会合が今年で18回目。来年は韓国で開催される。

記事内容:大気汚染、災害廃棄物対策で協力合意 日中韓環境相会合(日本語)

【2016/05/03】遼寧省がVOCsの排出費を徴収

情報源:北極星節能環保網

日時:2016/05/03

記事ポイント:

○5月4日、遼寧省物価局・遼寧省財政庁・遼寧省環境保護庁が共同で「VOCs(揮発性有機化合物)に排出費を徴収するについての通知」を発表しました。

○包装・印刷、石油化学工業は今回の徴収対象業種に選ばれました。

○排出費の基準費率は1kg汚染量あたり1.2人民元になっています。また、VOC汚染量の計算方法は「VOCの排出量(kg)/0.95」にしています。

○排出濃度が国または省の基準を超えた場合、排出費が基準費率の倍になります。一方、排出濃度が国または省の基準の50%以下の場合、排出費は基準費率の半分になります。

記事内容:遼寧省がVOCsの排出費を徴収

【2016/05/03】環境保護部は『「水質汚染防止行動計画」実施方案』を修訂

情報源:新華網

日時:2016/04/28

記事のポイント:

○環境保護部は『「水質汚染防止行動計画」実施方案(修訂稿)』を発表し、具体的な行動内容や担当単位などを決めた。

○『方案』により、各仕事の担当責任部門は変更がある。

○『方案』により、各担当部門は毎月の25日に環境保護部の水課に仕事進捗情報をまとめて報告する責任がある。

記事内容:「水質汚染防止行動計画」実施計画

【2016/05/03】『エネルギー技術革命創新計画(2016-2030年)』発表

情報源:中国節能オンライン

日時:2016/04/16

記事のポイント:

○近日、中国国家発展改革委員会と能源局が『エネルギー技術革命創新行動計画』を通達し、発表した。その同時に、『エネルギー技術革命重点創新行動ルート図』も発表した。

○2030年までの総合的な目標を立てる

~2020年:エネルギー技術革命創新システムが一応の成果を収める

~2030年:世界における先進的なエネルギー技術を達成する

 

記事内容:『エネルギー技術革命創新計画(2016-2030年)』

【2016/04/28】TIGIIC副センタ長ーは日資企業節能環保推進研究会4月度定例会に参加

上海同済科技園有限公司園区発展部経理・同済国際緑色産業創新センターの朱明星氏は日資企業節能環保推進研究会の4月定例会に参加した。

804

朱明星副センター長は日資企業節能環保推進研究会の会員各企業と技術方面およびこれからの合作について幅広く交流を行った。

下記の会員企業は自社の紹介や技術説明をPPTで発表した。IMG_20160428_151742
※藤田(中国)建設工程有限公司
※日置(上海)商貿有限公司
※旭化成分離膜(杭州)有限公司
※NECSL(中国)有限公司

IMG_20160428_151816

■ 定例会の次第
日時:4月28日 15:00~
場所:JETRO会議室
15:00~17:30 技術紹介+交流
18:00~ 懇親会

【2016/04/25】北京 十年連続省エネ目標を達成した

情報源:中国節能オンライン

日時:2016/04/25

記事のポイント:

○北京市発改委の担当者は「北京は10年連続で国の省エネ目標を達成した唯一の省級であり、エネルギー効率も全国一の水準だ」と発表した。

○「北京市2015年及び“十二五”時期ないの水利用状況の公報」を発表した。

記事内容:北京は10年連続で国の省エネ目標を達成した

【2016/04/27】天津 5月よりVOC排出費を徴収する

情報源:中国節能オンライン

日時:2016/04/27

記事のポイント:

○天津市は5月1日より、包装・印刷及び石油化学工業の2大分類の業界で揮発性有機化合物(VOC)の排出費を徴収する。

○徴収基準は10元/KG。

VOCの排出基準を超過した企業は2倍の排出費を支払うことになる。

○これからは石油化学工業や各種類の小規模な工場などを目標として、大気汚染防止を促進する。

記事内容:天津で5月からVOC排出費を徴収する(中文)