【旭化成分離膜】廃水規制への対応など工場における水問題の解決策

filehelper_1463110394314_73旭化成分離膜装置(杭州)有限公司

・廃水規制への対応など工場における水問題の解決を提供します

图片1

・工場の水利用におけるコスト評価、環境規制に対するリスク評価を行います。

・EMC契約による廃水リサイクルや廃液のオンサイト処理導入や、機能診断と運転コンサルティングにより、コストダウンや、確実な環境規制対応を実現します。

图片2

詳細な情報⇒旭化成分離膜

【2016/05/13】北京市環境執法:2016年1月~4月 2000万元の罰金

情報源:今日頭条

日時:2016年5月12日

記事ポイント

○2015年1月から施行された中国の新環境保護法において、法令違反時の罰則強化は大きな変更点の一つでしたが、今回、北京市における、大気や水などの分野別・違反状況別に罰則の考え方や違反状況別の罰金などが示されました。

○2016年4月末まで北京市環境部門は2113件の違法案件を登記し、2093.6万元罰金を徴収した。

記事内容:環境執法:2016年1月~4月 2000万元の罰金

【2016/05/11】環境保護部:「土十条」間もなく発表へ

情報源:中国環保在線

日時:2016年5月11日

記事ポイント

○『土壌環境保護及び汚染治理行動計画』(「土十条」と略称とする)は間もなく正式に発表する。土壌汚染のリスク管理および汚染対策・土壌環境の回復を徐々に推進すると考えられる。

記事内容:環境保護部:「土十条」間もなく発表へ

【2016/05/11】北京で、『2016年度ユネスコ水発展報告書』を発表

情報源:上海環境熱線

日時:2016年5月12日

記事ポイント

○5月11日、『2016年度ユネスコ水発展報告書』は北京で発表されました。

○報告書は「水と就職」をテーマとして、水資源の役割を明らかに示した。

記事内容:北京で、『2016年度ユネスコ水発展報告』を発表

【2016/05/10】環境保護部が8件の環境違法案件の処理を監督

情報源:中国節能在線

日時:2016年5月11日

記事ポイント

○ 環境保護部は今年3月以降環境違法行為をどんどん厳しく取り締まっていることをマスコミにアピールした。

○環境保護部環境監察局の局長田為勇氏が、環境保護部が8件の環境違法案件の処理を監督しているって発表した。環境保護局は地方政府を催促する、省環境部門を催促する、企業の協力を催促する、三つの形でプッシュしてる。

記事内容環境保護部が8件の環境違法案件の処理を監督

【2016/05/10】環境保護部:環境信用評価により、電気代及び汚水処理代徴収の差別化

情報源:北極星節能環保網

日時:2016年5月10日

記事ポイント

○環境保護部は『江蘇省に環境信用評価により、電気代及び汚水処理代が差別化となる』という政策を表彰した。

○江蘇省、中国で初めて高度汚染企業に対して差別的な電気料金を課金

近日、江蘇省物価局、江蘇省環境保護庁は「環境保護信用評価等級に基づく電気料金の差別化の試行問題に関する通知」を公布し、高度汚染企業に対し、電気料金徴収の差別化を行い、差別的な電気料金のモニタリング制度を策定する。 この電気料金の差別化徴収が実施されれば中国全土で初めてのこととなる。
○差別化の内容:

差別的な電気料金による高度汚染業界への抑制作用を生かし、環境に調和した経済発展方式への転換及び構造調整を促進するため、2016 年 1 月 1 日から、年度の環境保護信用評価結果レベルが赤、黒となった一部の高度汚染企業に対して、電気料金は既存の価格をベースに 1kWh 当たり 0.05 元と 0.1 元を上乗せる。
江蘇省は省内の環境保護局に「等級別の管理」原則に基づき、管轄区域内の企業に対して、環境保護信用評価を実施することを指示。同時に、差別的な電気料金はモニタリングによって調整を行う。赤・黒に評価された企業が自発的に汚染度合を減らした場合、モニタリングによるデータを省エネ環境保護部門が審査・評価した後、省の価格主管部門と省の環境保護部門と共同で電気料金の差別化の停止を決定する。

記事内容:環境保護部:環境信用評価により、電気代及び汚水処理代徴収の差別化

 

【2016/05/09】20省が「十三五能源計画」を発表

情報源:中国節能在線

日時:2016年5月9日

記事のポイント:

○『国民経済及び社会発展十三五計画綱要』が発表されたとともに、北京、上海、四川、山西など、20省が「十三五能源計画」を公開した。

○非化石能源の比例を向上させるのは簡単ではありません。

○清潔能源の比例を向上させる

○数多くの省は省の能源目標を作成した。

記事の内容:20省,「十三五能源計画」を発表

【2016/05/05】上海市、『工業VOCs治理及び排出削減方案』を公開

情報源:上海環境熱線

日時:2016年5月5日

記事ポイント:

○上海市に、『工業VOCs治理及び排出削減方案』が公開された。

○実施の目標:2016年末まで、現時点の工業VOCs排出源の治理は基本的に完成される。毎年VOCsの排出量は8トンを削減し、PM2.5の平均濃度は2%ぐらいを削減する。

○重点企業をはじめとする全市のVOCs排出源の排出量を削減するつもりである。

記事内容:上海市、『工業VOCs治理及び排出削減方案』を公開

【2016/5/4】国家能源局、“十三五”計画意見募集会を主催

情報元:中国節能サービス網 EMCA

日時:2016年05月04日

記事ポイント:

○4月22日和28日、国家能源局、“十三五”計画意見募集会を主催しました。“十三五”能源計画をめぐって、国家部委、地方能源管理部門、中央能源企業及び業界協会のご意見を求めていた。

○“十三五”期間に、エネルギー利用についての目標及び問題点を分析し、対策を検討しました。

記事内容:国家能源局、“十三五”計画意見募集会を主催

【トーエネック】エアーマイスター&みえるキャスト

TOENEC

統一能科建築安装(上海)有限公司の親会社である株式会社トーエネック開発による環境・省エネシステム関連の技術をご紹介させていただきます。

air6【エアーマイスター】

コンプレッサー台数制御システムで、特に大型需要家には有効です。

コンプレッサーが分散設置されている場合や、複数メーカーのコンプレッサーが設置されている場合に力を発揮します。

airmaster

aie1【みえるキャスト】

鋳造工場の生産工程の無駄をなくし、操業状況をリアルタイムに把握。

kyasut

詳細な情報⇒トーエネック